「バスの釣り方」これを見れば大丈夫!!バスを釣るまでの近道とは…⁉

 

バス釣りをしてみたいけど・・・
どうやって釣ったらいいかわからない・・・
なんか難しそう・・・
 
そんなお悩み解決します!バス釣り歴25年以上の経験をもとに
「釣りに行きたい」「バス釣りやってみたい」と思うこと間違いなし!!
バスの釣り方を教えちゃいます。

ブラックバスってどんな魚?

P4050798 (2)
 

そもそも、バスを釣るにあたって、
『ブラックバス』がどんな魚なのか?
ということを知っていなくてはなりません。

『ブラックバス』には、様々な種類があります。

大雑把に分けて、
『オオクチバス(ラージマウスバス)』と『コクチバス(スモールマウスバス)』
の二種類に分けられます。
 
その名の通り、
大きな口の『オオクチバス』と小さな口の『コクチバス』の二つに分けられます。

まず『コクチバス』とは、
アングラー(釣り人)の間では『スモール』と呼ばれています。
 
スモールは、綺麗な水質の場所でしか生息できず、
日本では河口湖や芦ノ湖などの山間の綺麗な湖やリザーバーに生息することが多く、
ごくまれに琵琶湖でも釣れた話はありますが、
琵琶湖では、あまりポピュラーではないかもしれません。

次に『オオクチバス』は、
アングラーの間では『ラージ』と呼ばれていて、
スモールに比べ繁殖力が強く、日本各地の池や湖に生息しています。

中でも『フロリダバス』は、
オオクチバスの中でも大きくなる個体で、
琵琶湖で釣り上げられた世界記録のバスも
『フロリダ系のバス』だといわれています。

そうなんです日本の琵琶湖で世界記録が出てるんですよ!!
ぜひ自分の手で世界記録のバスを釣ってみたいものですね!!

もしもあなたが、世界記録のバスを釣ったとしたら、
世界中のバス釣り関係のメーカーだったり、
メディアからの取材殺到で、あなたの人生変わりますよ!!
もちろんそれなりの収入もあります。

実はバスフィッシングには、こんな夢もあるんですね♪

現在の琵琶湖では、ラージとフロリダ系の混血の魚種が多くいるのですが、
フロリダバスが放流されたのが、南湖であることもあって、
南湖ほど混血な魚種は多いと思います。

 ブラックバスは、『肉食魚』で、小魚やエビなど食べています。
なので、ブラックバスを釣るためには、
そこにいるバスが何を食べているのかを考えなくてはいけません。

バスを釣るための準備

 
ここまでで、「ブラックバス」のことを、ある程度分かってもらえたと思います。
 
ここからは、実際にバスを釣るための「準備」に入っていきます。

バスを釣るには、ルアーという疑似エサ・・・
つまり、エビや小魚に似せたものを使います。

ルアーには、「ハードルアー」と「ソフトルアー」があるのですが、
ハードルアー?とソフトルアー?何が違うの?

簡単に言うと、素材が硬いか?柔らかいか?
の違いなのですが、初心者の方には、
ソフトルアーから始めることををお勧めします。

ハードルアーは単価も高くロストすると痛いので、
バス釣り初心者の人には、
ワームを使ったソフトルアーの釣りをおすすめします。

そのソフトルアーの釣り中でも、よく釣れるのはネコリグです!!

ネコリグとは、猫リグではなく、
根こそぎ釣れるからネコリグと呼ばれています。

そのネコリグのなかでも、おすすめなネコリグは、
ZBCのスワンプクローラーや
ジャッカルのフリックシェイクのネコリグがおすすめです。

ネコリグのシェイク(ワームにネイルシンカーというおもりを埋め込んで、シェイクする)は、最強です!
これで釣れなければ、そこにバスは居ません!!(自分の経験では…)

ネコリグについて詳しくは、コチラにて紹介していますのでご覧ください。


created by Rinker
JACKALL(ジャッカル)
¥875 (2021/10/29 01:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

バス釣りのタックル(道具)

 

次に、ルアーを投げるためのタックル(道具)が必要になります。
ロッド(竿)とリール、そしてライン(糸)です。

 まず、リールについて説明します。
リールには「スピニングリール」と「ベイトリール」があります。

専門用語なので、なんだそりゃ?って混乱してしまうかもしれませんが、
今はわからなくても大丈夫です!

バス釣り歴25年以上の私も、最初の頃は、わからないことだらけでした(^^;)

まずは、スピニングリールだけを覚えておいてください。
これだけメモしておけば何とかなります。
なぜかというと、スピニングリールは、扱いやすく初心者向けだからです。

ちなみにベイトリールはバックラッシュなどのトラブルが起きやすいので、
まったくの初心者の方にはお勧めしません。

スピニングリールは、2500、3000などの品番があります。

琵琶湖のバス釣りで使用するスピニングリールは、
2500番から3000番くらいです。

「スピニングリール、2000番、2500番」
これだけメモして、お店に向かいましょう!

スピニングリールの選び方についてはコチラにて
詳しく紹介しています。

不安な場合は、店員さんや経験者の方に恥ずかしがらずに聞きましょう。

私も昔は店員さんに聞いてもいいのかな?とドキドキしていましたが、
聞けばやさしく丁寧に教えてくれますよ。

次はロッドです。
ロッドにはスピニングロッドベイトロッドがあります。

これは、使用するリールによってことなります。

リールの違いは説明した通りなので、初心者の方は、
ロッドは、6フィート(約1.8メートル)から6.6フィート(約2メートル)のスピニングロッドから始めましょう。

上達してきて、ベイトも使ってみたい!
という方は、6.6フィート~7フィートくらいのベイトロッドがお勧めです。

そして、ラインです。
ラインには「ナイロン」「フロロカーボン」「PEライン」の三種類があります。

それぞれに「短所」と「長所」があるので、
シチュエーションによって使い分けることで、釣果が変わってきます。

ナイロンラインは安価で劣化しにくく長持ちし、比重が軽いので水に浮きます。
しなやかで扱いやすいラインですが、伸びやすい特長を持っています。

次にフロロカーボンラインはナイロンよりは割高ですが、
伸びにくく、比重が重いので沈みます。
さらに、感度がいいのでアタリを感じやすいラインです。

最後にPEラインはフロロカーボンよりも伸びにくく、耐久性に優れています。
しかし、高価で根ズレにはめっぽう弱い短所も持っています。

それぞれの特長を生かせれば一番いいのですが、
とりあえず始めてみようという方は、
扱いやすいナイロンラインから始めてください。

ラインには強さ(号、ポンドなどの表記)があります。
号数やポンド(ld)が大きくなれば、その分ラインは強くなります。

しかし、その分ラインが太くなってしまうので、魚にばれてしまうようになります。
バス釣りでは、スピニングなら4~6ポンド、ベイトなら14~20ポンドぐらいがいいでしょう。


created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥1,545 (2021/10/29 01:28:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥1,127 (2021/10/29 05:46:49時点 Amazon調べ-詳細)


釣具屋さんに行ってみよう

 

いろいろ説明しても、実際に釣り道具を見て、
触ってみないとどんなものかわからないと思います。

・・・ということで、釣具屋さんにでかけてみよう!!
 
 メモの準備はいいですか?

1.   スピニングリールの2500番または、3000番あたり
2.   スピニングロッド、6フィート~6,6フィートくらいのLまたはML
3.   ナイロンラインまたは、フロロカーボンラインの4~6ポンド
4.   ルアー(ワーム)
 
これで、ひとまずタックルは揃います。

釣具屋さんに行くと、最初は種類が多すぎて、右も左もわからない状態になると思います。
私も最初はそうでした。誰でも最初は初心者です。恥ずかしがらずに、店員さんに声をかけてください。
「バスを釣りたくて、○万円ぐらいで道具そろえたいんですけど」みたいな感じで・・・
そうすれば、店員さんとも仲良くなれて、秘密の情報も教えてくれるかも?

バス釣りのポイント(場所)

IMG_1308
 

ブラックバスは日本全国の池や湖、河川に生息しています。
しかし、どこでも釣れるかといえばそうでもありません。

一番釣れるのはどこ?と聞かれれば、『琵琶湖』と答えますが、
住んでいるところや、移動手段など人それぞれなので、
まずは近くの池や湖などの情報を調べてみましょう。

近所の釣具屋さんや、実際にポイントにいるアングラーに聞いてみるのもいいですね。
すると、「○○であのルアーで釣れた!」という情報が入ってくるはず。
そしたら、一度その人のマネをしてみましょう。

釣れてる人のマネをするのは、バスを釣るには一番の近道です!!

もちろんマネをして釣れれば楽しく気持ちいいですが、

「なんであのルアーで釣れるんだろう?」
「あの時は釣れてたのに、なんで今日は釣れないんだろう?」
「釣れた日は晴れて暖かかったけど、今日は曇ってて寒いな」
「あそこにはウィード(水草)があるけど、こっちには岩があるぞ」
「前はこのルアーで釣れたけど、こっちのルアーはどうだろう?」

など、バスを釣るまでのプロセスも、バス釣りの醍醐味の一つです。

なぜそれが釣れるのか?をしっかり考えることがスキルアップにつながります。

バスの釣り方のまとめ

1. ブラックバスを知る
2. ルアーを考える
3. タックルをそろえる
4. バスが釣れるポイントを調べて、行ってみる
以上がブラックバスを釣るための「近道」です。

 ここまでいろいろ述べてきましたが、釣り場でルアーを投げなければ、絶対に釣れません!まずは行動あるのみ!!

自分の周りには、バス釣りをしていなければであえなかった友人、つながりがたくさんあります。そしてまた私は釣りに出かけます。ぜひ、釣り場に出かけ、ルアーを投げてみてください!釣具屋さんやアングラーに声をかけてみてください!!そこでは、いろんな出会いや感動、楽しい出来事があなたを待っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ