琵琶湖でネコリグをマスターしたい初心者にオススメする鉄板ワーム6選

o0800045013689122835

琵琶湖でコバスからデカバスまで、よく釣れるネコリグ!!

これから琵琶湖でネコリグを覚えたいバス釣り初心者さんの中には、
どんなワームでどんなセッティングで使うのか?お困りの人も多いのでは?

だけどネコリグと一言でいっても、
4インチくらいのワームから13インチくらいのワームまで使ってやるネコリグまで、
ネコリグにもいろいろあります。

ネコリグにもいろいろあるけど、
その中でも初心者さんにも扱いやすく、
琵琶湖でよく釣れるネコリグを紹介したいと思います。

ZBCスワンプクローラーのネコリグ

img_3609

ネコリグのワームとして元祖的存在とも言えるZBCのスワンプクローラーは、
ピンポイントでシェイク・テンションフリーの放置プレー・中層スイミングなど、
ネコリグのあらゆる釣り方に対応できる万能ワーム…

このスワンプクローラーをもとに作られたネコリグ用のワームはいろいろ有るけど、
今でも琵琶湖でよく釣れる一軍的な存在のネコリグワームです‼

参考おすすめタックル
img_0561

ロッド:■Arriver 63 Dance (スピニングモデル)
6’3″ 1/32-5/8oz 5-14lb 自重115g 
Power ティップ:ML、バット:M

スピニングリールなら6.3F〜7F L(ライト)〜ML(ミディアムライト)使用するロッドは、しっかりワームのアクションが出来ないのと、琵琶湖はウイードが多いので、ネコリグがウィードに絡むことも多くウイードに絡んだ時に外しにくいので、ハリのあるファーストテーパー(先調子)のロッドが使いやすい。

img_4571

ライン:フロロカーボンライン5ポンド〜6ポンド

img_4559

ベイトフィネスでやるなら6.6F前後L(ライト)〜ML(ミディアムライト)のファーストテーパー(先調子)のロッドで、
ラインはフロロカーボンライン8ポンド〜10ポンド!

img_0466img_2956-1

フック:がまかつの329・318がオススメ!フックサイズは1か1/0で!
いずれの商品もウィードガードの付いたウィードレス仕様の商品もあります。
もしウィードが絡んでやりにくいときは、ウィードレスのガード付きがあれば安心です!

img_2565

シンカー:ネイルシンカー0.9g〜2.2g前後

ネイルシンカーは、
使い方や状況に合わせてシンカーの重さを使い分けするのですが、
バス釣り初心者さんの中には、
ワームがボトムに着底してるのか?
わからない人も多いと思います。

ネコリグがボトムに着底してることがわかることが大切なので、
ボトムに着底してる事がわかるウエイトを使いましょう!

IMG_4581IMG_3573
チュ-ブ:シリコン製チューブ・収縮チューブを使ってフックを縦にセットします。

フックを横向きにセットする人もいますが、
ウィードの多い琵琶湖では縦にセットした方がウィードに絡みにくいし、
もしウィードに絡んでも外しやすい…

縦にセットするフックの方向は写真の方向にセットします!

O.S.P HP 3D-Wacky 5インチのネコリグ

O.S.PのHP 3D-Wackyには、
3.7in・4.3in・5inと3種類のサイズがありますが、
琵琶湖では5インチを基本に使用します。

5mmのシリコンチューブに通し、
1/16ozのネイルシンカーを使って、
♯1~3のマスバリをセットします。

タックルは、ベイトフィネスタックルに、
フロロカーボンラインの8lbで使いますが、
フロロカーボンラインの4lb~6lbを使った、
スピニングタックルでも大丈夫です。

ゲーリーヤマモト・カットテール4インチと5インチのネコリグ

kuttail5-3_4_image

スワンプクローラーとほぼ同じタックルセッティングで使える
ゲーリーヤマモト・カットテール4インチと5インチのネコリグ…

ゲーリーヤマモト・カットテールは、
独特なボディー形状がフォール中にボディー全体がプルプルと揺れることでバスを誘い、
ボトムに着底してからも水に動きがあれば水を受けることで、
ボディーが勝手に揺れバスのバイトを誘うので
バス釣り初心者さんにも簡単にバスを釣ることが出来ます。

ゲーリーヤマモト・カットテール4インチと5インチのネコリグどちらのサイズもよく釣れるので、
自分の持っているロッドで使いやすい方を選べば大丈夫!!

ゲーリーヤマモト・カットテール4インチの動画を見て動きを確認しましょう。


created by Rinker
ゲーリーインターナショナル(Gary
¥810 (2021/10/28 21:19:56時点 Amazon調べ-詳細)

BOREASアノストレート5.5インチのネコリグ

IMG_4568

バス釣り初心者さんの中には、
ワームのアクションをしてもワームが上手く動いているのか?
よくわからない人もいると思います。

アノストレート5.5はボディーは水の抵抗を受けやすい形をしているので、
ワームを動かした感じがわかりやすい…

ワームの自体も重量がある方なので、
風が強いときや水深のあるエリアでも動きがわかりやすいく、
ワームのアクションを練習したいバス釣り初心者さんにオススメです!!

水の抵抗を受けやすいボディーなだけに、
フックやネイルシンカーをセットする場所やネイルシンカーの重さによって、
カーブフォールやスパイラルフォールすることもあるので、
見えるところでフォール姿勢を確認して使えば完璧です(^^♪

IMG_4556

ボレアス/アノストレート 5.5インチのネコリグも
スワンプクローラーのネコリグとほぼ同じタックルセッティングで使えます(^^♪

イマカツのセクシーアンクル5.5インチのネコリグ

o0960053313715669542

ネコリグのアクションとか訳が分からいバス釣り初心者さんでも大丈夫!!

イマカツのセクシーアンクルなら、
その特徴のあるボディーとテールが水を受けることで
テールがオートマチックに動くので、
キャストしてフリーフォールさせるだけで、
バスのバイトを誘うことが出来ます。

ただキャストしてフリーフォールさせるだけでいいので、
初心者さんにも簡単に釣れちゃいます!

o0800045013689122835

イマカツのセクシーアンクル5.5インチも
スワンプクローラーとほぼ同じタックルセッティングで大丈夫!!

チューブ:G7 ワームプロテクトチューブなら5mmがジャストフィットです。

セクシーアンクル4インチの動画になりますが、
参考までにセクシーアンクルの動きをご覧ください。

イマカツのセクシーアンクル7インチのネコリグ

o0960053313715669515
o0800045013676980247

ただキャストしてフリーフォールさせるだけで、
バス釣り初心者さんにも簡単に釣れちゃうイマカツのセクシーアンクル!

バス釣り初心者さんでも、
このセクシーアンクル7インチの釣り方を覚えてしまえば、
簡単な釣り方でデカバスを狙うことが出来ます!!

img_4569

キャストする時に注意して欲しいところは、
基本的にセクシーアンクルをフリーフォールさせたいので、
キャストしてからボトムに着底するまでは、
ラインにテンションがかからないように気をつけてください!

セクシーアンクルがフリーフォールして着底したら、
ワームがゆっくりと倒れこむので、
しばらくテンションフリーのままステイさせて、
バスのバイトがないか待ちます。

それでバイトが無ければ、
少しだけワームをゆすりながら持ち上げて、
再びラインテンションフリーの状態でステイさせます。

それでもバイトが無いなら回収して、
また同じ動作を繰り返すことだけで釣れちゃうので、
ぜひ試してもらいたいと思います!

参考おすすめタックル
o0800045013676980108o0960054013766374443

ロッド:TMJC-66MH(テムジン エアードライバー)
ウィードの多い琵琶湖(南湖)では、
ウイードを切ったりほぐしたりする為には、
このくらいパワーのあるロッドが使いやすいです。

o0960054013766374396

フック:ノガレス ワッキーマスターモンスター 2/0

o0800045013676980194

チューブ:G7 ワームプロテクトチューブ 6mm
セクシーアンクルを含めて塩入のワームは普通の収縮チューブを使うと、
収縮したチューブの角でワームを切ってしまうことがあります。

ベイトリールを使う場合、
ワームが切れるとワームだけが飛んでいくので
バックラッシュの原因ともなり、
もしバックラッシュするとテンションだだ下がり…

しかしG7 ワームプロテクトチューブを使えば、
シリコン製なので角もソフトでワームの切れるのを減少させ、
専用の工具を使うことで簡単に装着出来ます。


o0800045013676980227

セクシーアンクル7インチのセッティング方法として、
チューブのセットする位置は通常の首の位置より少し前にセットするのがワンポイント!

o0800045013676980129

シンカー:ネイルシンカーは基本1.8g〜3.5g前後でいいのですが、
中でもネイルシンカー3.5gの早いフォールスピードだけに
反応するデカバスがいるので3.5gのネイルシンカーを是非試して欲しい!

3.5gにするとバイト数が減ることもありますが、
3.5gのフォール速度だけに反応するデカバスがいることを覚えてといて下さい!!

7o0960054013783260149

ライン:フロロカーボンライン12ポンド

o0960054013766374426

スイベル:RYUGIのキャロダンスイベルを使うことでセクシーアンクルがフォール中に、
クルクルと回ることなく安定した姿勢でバスを誘います。

リーダーの長さは縛りなおすことも考えて40cm〜50cmくらいで

DSTYLEトルキーストレート4.8インチのネコリグ

IMG_0218

ネコリグワームとして開発されたDSTYLEトルキーストレートのボディーは、
水圧を受ける面を広く作られているので、
動かした時にブルブル感が分かりやすいワームです。

トルキーストレートは、
動かして使うネコリグワームとして作られているネコリグワームなので、
中層スイミングや「巻きネコ」というネコリグを巻いてくるテクニックで、
ワームをアクションさせてバスを誘いましょう!

IMG_4610

スイミングのやり方は、
ロッドのティップ(竿の先)を一定の振り幅で小刻みにリズムよくシェイクさせ、
ワームが中層で漂う感じで一定のレンジをキープさせつつ、
ワームガ浮き上がってこない一定の速度で
リールをゆっくりと巻き取ることでスイミングが出来ます。

最初はワームの動きが見える浅いとこで、
ボトムから少し浮かした一定のレンジをキープ出来るように
ワームの動きを見ながら練習しましょう♪

トルキーストレートの特徴として、
トルキーストレートをスイミングさせていれば
ワームが立つように設計されています。

ワームの動きを止めるとワームが倒れてしまうので、
トルキーストレートはアクションの途中で動きを
止めないようして使うのがワンポイントです(^^♪

ネコリグワームのスイミングとか難しいバス釣り初心者さんには、
トルキーストレートの「巻きネコ」がオススメ!!

ゆっくりブルブル巻くだけでいいので是非試してみよう。

トルキーストレートの「巻きネコ」はただ巻けばいいのですが、
リールを巻く速度が速いとワームが浮き上がってしまうので、
最初はスイミングの練習と同じようにしてワームの動きが見える浅いとこで、
ワームの動きを見ながら練習しましょう♪

トルキーストレート4.8インチ参考タックル
IMG_4612

ロッド: アブガルシア fantasista Deez 64L
リール: アブガルシア Revo LT 2000SH
(ガタツキ防止にReel Foot Cover M着用)
ライン: バークレー バニッシュレボリューション 4lb
フック: FINA POWER WACKY GUARD #2
シンカー: エンジン スタジオ100 3/64oz~1/16oz
チューブ: G7 ワームプロテクトチューブ 5mm

ちなみにトルキーストレート 5.8inchの場合
ロッド: アブガルシア fantasista Deez BANK 66M
リール: アブガルシア Revo LTX-BF8
(ガタツキ防止にReel Foot Cover M着用)
ライン: バークレー バニッシュレボリューション7~8lb(夏近前後は10lb)
フックとシンカーは4.8インチと同じで大丈夫!!
チューブ: G7 ワームプロテクトチューブ6mm


created by Rinker
ディスタイル(DSTYLE)
¥847 (2021/10/28 22:01:31時点 Amazon調べ-詳細)

琵琶湖でのネコリグのまとめ

1.ネコリグにはシリコン製チューブや収縮チューブを使ってワームが飛んでいかないようにする

2.ネイルシンカーの重さは、まずネコリグがボトムに着底してる事が分かる重さを使う

3.ネコリグのフォールで狙えるゲーリーヤマモトのカットテールやイマカツのセクシーアンクルからやってみる

4.ワームのアクションを覚えるには水の抵抗を受けやすいボディーをしたBOREASのアノストレートやDSTYLEのトルキーストレートが分かりやすい

5.ネコリグのスイミングが難しいバス釣り初心者さんはDSTYLEのトルキーストレート「巻きネコ」を試してみる

6.トルキーストレートで「巻きネコ」が出来るようになったら、BOREASのアノストレートやDSTYLEのトルキーストレートを使って中層スイミングにもチャレンジしてレベルアップを目指しましょう!中層スイミングの練習は、まず自分の見える範囲でワームを動かしながら一定のレンジを巻いてこれるように練習しましょう!

こんな感じが私のオススメになります!

ネコリグをフォールさせるときや、放置させるときはラインテンションは完全にフリーにするのがコツにになります♪

ワームはボロくなって飛んでく前に新しいワームに交換してゴミを出さないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ