琵琶湖で使うトップウォーター!初心者もこれを見たら絶対に釣れる!!

IMG_3229

バス釣り初心者にもオススメしたい釣りがトップウォーターフィッシング!

トップウォーターってルアーの動きが目で見えるし、バスがアタックしてくる瞬間も見えるのでドキドキ感がたまりません!

でもなんかトップウォーターって難しいイメージありませんか?


私も初心者の頃は、トップウォータールアーの種類や使い方が全然わからなくて、なかなか一匹目が釣れませんでした。

20年以上前の話になりますが、たまたま知り合ったハンドメイドルアーのビルダーさんと仲良くなったことがきっかけで、いろんなトップウォーターの釣り方を教えてもらえたので、私にもトップウォータールアーで釣れるようになりました。

釣れるようになるとトップウォーターの釣りが楽しくて、当時は一年中トップウォーターを投げまくっていた。


そんなある日、たまたま湖北で投げたPOP-Xで55cmのブラックバスが釣れた時の感動が凄すぎて、今でも昨日の出来事のように脳裏に焼き付いています。

そんな楽しすぎるトップウォーターフィッシングを、是非バス釣り初心者の人にもチャレンジしてほしいので、琵琶湖の釣りで私のよく使うトップウォーターについて、紹介したいと思います。

トップウォーターの種類

トップウォーターと一言で言っても、いろんな種類のトップウォータールアーがあります。

状況にあわせて使い分けするのですが、私が琵琶湖の釣りで使うトップウォーターを紹介します。

ポッパー

IMG_3105

私が初心者の人に、まず使ってもらいたいトップウォーターのルアーはポッパーです。

ポッパーは、口がカップ状になっているルアーで、ロッドワークによりルアーの口から、「カポッ!」とか「ポコッ!」とか音を立てて、このポッパーの口(カップ)から出る音と水しぶきによってバスにアピールしバスを誘います。

琵琶湖なんかだと、ウィード(水草)の多いエリアで、ウィードの中に潜んでいるバスを探し出し、ウィードの中から引き出してくるのに効果的なルアーです。

手首のスナップを使って、竿先をチョンチョン動かすと「ポコッ♪ボコッ♪ボコッ♪」と音がするので、音とスプラッシュでブラックバスを誘って、しばらくポッパーをピタッ!と止めておく!!これで反応が無ければ同じ動作の繰り返しで突然「ガポッ!」っと、あなたのルアーは襲われます♪

ルアーを止めてるときは、しっかりと長めに止めて、ラインテンションがかからないようにするのがポイントです(^^♪





スイッシャー


トップウォーターのルアーにペラが付いているタイプのルアーをスイッシャーと言います。

スイッシャーにも種類があって、ルアーの前後にペラがついたのを「ダブルスイッシャー」ルアーの前か後ろのどちらか一方だけにペラがついたルアーを「シングルスイッシャー」と種類があります。

ただ巻くだけでペラがクルクル回るので、ペラから出るフラッシングや音でブラックバスのバイトを誘います。

ストップ&ゴーや、ただ巻きするだけで釣れるので初心者にオススメです。

少し慣れてきたらジャークやトゥイッチなんかも使って、細かくテンポ良くチョンチョン動かすのも効果的です。





ペンシルベイト

IMG_3108

ペンシルベイトは、小魚をイメージしていて、リズムよくするロッドワークとリールを巻取ることにより、ドッグウォーク(ルアーを左右に首を振らせる)という左右に首を振らせてブラックバスのバイトを誘うルアーです。

最近のペンシルベイトはドッグウォークがしやすく設計されているので、初心者の人でも少し練習すれば、すぐに使えるので初心者の人にも安心です。

まずは基本的なドッグウォークを練習して、ドッグウォークが出来るようになったら、ときには死にかけの弱ったベイトフィッシュだったり、ときにはブラックバスに襲われて逃げ惑うパニック状態になっているベイトフィッシュを演出してみてくださいね。





フロッグ


フロッグとは、名前の通りカエルの形をした中空ソフトボディーで出来たルアーで、フロッグにもペンシルベイトやポッパーみたいにして使うタイプの種類があります。

フロッグはフックが上向きについているので、ヒシモやカナダ藻のマットをガンガン攻める事が出来ます。夏の暑い日に水通しのよさそうなカバーを探してフロッグを投げると、カバーの下からフロッグが襲われるのでドキドキ感がたまりません!

フロッグで釣りをしていると、たまに雷魚が釣れることもあるので、雷魚の口を開けておくための、マウスオープナーやプライヤーを2本準備しとくと便利です。

雷魚には鋭い歯があるので、くれぐれもバスと同じように口の中に指を入れて持たないようにしてくださいね。



トップウォーターのシーズンを知る

冬でもトップウォーターで釣ったことは何度もあるので一年中釣れますが、私がおすすめするシーズンは5月-10月になります。

なかでも梅雨の前後はベストシーズン
5月-10月くらいはバスの動きが活発になる水温で、バスが身を潜めて隠れやすいウィード(水草)の成長がいい時期になるので5月-10月くらいが釣りやすいです。

トップウォーターに使う道具は?

まずロッドは自分の使いやすい物で大丈夫ですけど、ロッドは短い方が操作しやすいのです。

わざわざトップウォーター専用でロッドを持つのも大変なので私なんかは、クランクやジャークベイトで使うロッドとかを兼用しています。

目安として6.5フィートから7フィートのミデアム(M)が使いやすいです。

フロッグをやる時のロッドは7フィート前後のヘビー(H)かエクストラヘビー(XH)を使ってくださいね!


ラインはトップウォーターのみで使うなら、水に沈みにくいナイロンラインかPEラインが使いやすいのです。もし他の釣りとの兼用するならフロロラインでも出来なくはないですが、初心者の人はトップウォーターに慣れるまではナイロンライン(14ポンドー20ポンド)を使った方が無難です。
フロッグはPEライン5号か6号で

琵琶湖で使うトップウォーターのまとめ

1.まずは、ポッパーからやってみる

2.次に、 スイッシャー

3.慣れてきたらペンシルベイトにチャレンジ

4.カバーでの使用はフロッグの出番

こんな感じが私のおすすめです!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ