ビッグベイト初心者におすすめのビッグベイト!タックルの選び方とは?


バス釣り初心者さんの中にも、ビッグベイトをやってみたい人いませんか⁈

ビッグベイトはルアーが大きいので、
ビッグベイトに反応するバスもデカイバスも多く、
デカイバスを釣ってみたい人にも、オススメなルアーです‼

しかし、ビッグベイトに興味があってやってみたいけど、なんか難しいイメージがあるし、
どんなタックルを使えばいいのか?どんなルアーがいいのか?わからなくて、
なかなかビッグベイトデビュー出来てない人もいると思います。

そんなバス釣り初心者さんでも大丈夫!!
琵琶湖のガイドの中でも、実績のあるビッグベイトを中心に、
おすすめのルアーやタックルについて紹介したいと思います。

そもそもビッグベイトとは?


ビッグベイトとは、
大型のベイトフィッシュをイメージして作られた大型のルアーのことを言います。

大きさに定義はないのですが、
一般的には15cm以上くらいあるようなルアーをビッグベイトと呼んでいます。

細かい話をすると、ビッグベイトよりもさらに、大きいルアーをジャイアントベイトと言って、
およそ25cm以上くらいあるようなルアーのことを、ジャイアントベイトと言ったりしますが、
これらのルアーを含めてビッグベイトと言ってもおかしくはありません。

ビッグベイトの魅力とは⁈


ビッグベイトの魅力として、まず単純にルアーがカッコイイ!!
私だけでしょうか?ビッグベイトってカッコイイですよね?
初めてビッグベイトを見たときに、まずカッコイイと思いましたね♪

しかし、当時はビッグベイトでバスが釣りたい反面、
こんなデカイルアーで、釣れる気がしなかったのが本音です。

バス釣り初心者の人にありがちだと思いますが、
とにかくバスを釣りたいので、
ルアーが小さく小さくなっている人も多いと思います。

私もバス釣り初心者の頃は、バスを釣るのに必死で、
小さいルアーを使って、せこい釣りをやっていたので、
こんなデカイルアーで釣れる気がしませんでした。

そんな私でしたが、ある時ビッグベイトで爆釣した日があって、
それからはビッグベイトの魅力に、どっぷりハマってます。

ビッグベイトで、バスが釣れるようになって分かったのは、
ビッグベイトにしか反応しない魚がいることを知りました。

しかも、ビッグベイトに反応する、バスはデカイサイズが多いので、
デカイサイズのバスだけを狙って釣ることが出来ます。

またビッグベイトは集魚力が高いので、バスのいる場所を探すのにも使えます。

琵琶湖でおすすめのビッグベイト


ビッグベイトを初めて使う初心者さんに、
おすすめするビッグベイトは、
フローティングタイプでタダ巻きで使える、
ビッグベイトをおすすめします。

タダ巻きで使えるビッグベイトなら、難しいテクニックは必要ないし、
フローティングタイプであれば、ルアーをロストするリスクも少ないです。

DRT タイニークラッシュ LO FLOATING 57g



DRTのタイニークラッシュは、初心者から上級者まで、
琵琶湖で大人気のビッグベイトです。

別売りのリップやVテールなどのオプションパーツを使って、
状況に合わせて、セッティングを変えることが出来るのが特徴です。

もちろん、パッケージから出したままの状態でもよく釣れるルアーなので、
バス釣り初心者さんでも安心して使える、おすすめのビッグベイトです。

一つ難点を言うなら、人気がありすぎて入手困難なとこは困りますね。




ジャッカル 躱mikey 140mm 31.5g



ジャッカルのカワシマイキーは、巻けば潜り、
巻くのを止めれば高い浮力で浮上するビッグベイトです。

使い方は、基本的にはタダ巻きで大丈夫ですが、
ウィードの高さに合わせて巻く速度を調整したり、
ストラクチャーやウィードに当たったら浮上させて、
その名の通り障害物を躱しながら使います。



デプス サイレントキラー175 フローティング 175mm 2.5oz


デプス サイレントキラー175 フローティングは、
弱波動、ソフトサウンドをコンセプトに作られたビッグベイトです。

ボディをソフトシェルで覆うことで、リアルなベイトフィッシュを演出します。

使い方も簡単で、基本的にはタダ巻きで大丈夫で、
1.0m~1.5m前後のレンジで、ウィードフラットの上を引いたり、
ウィードの間を巻いてこれるような場所で使います。

イマカツ バスロイドJr. トリプルダブル Length:140mm Weight:1.6oz class


イマカツ バスロイドJr. トリプルダブルの最大の特徴は、
アイが2つあること特徴なビッグベイトです。

上側にあるシルバーアイで使用すると、最大潜行は1mくらいでウォブル系のアクションで、
下側にあるブラックアイで使用すると、最大潜行30cmになりロール系のアクションへと変化します。

アイの位置を変えるだけで、水深とアクションを変えることが出来るビッグベイトです。



created by Rinker
バスロイドJr トリプルダブル
¥4,968 (2019/08/19 14:19:46時点 Amazon調べ-詳細)

ジャッカル ガンタレル 160mm 70g


ガンタレルは、キャストしたらタダゆっくりと巻くだけでいいので、初心者向けのルアーです。

ギル型のビッグベイトは、ブルーギルを捕食してるバスに反応がいいので、
ブルーギルが活発な6月後半くらいから11月上旬くらいまでがオススメです。

ウイードの周りに、ブルーギルがいるようなエリアで巻いてみてください。
どこからともなく、いきなりデカバスにガンタレルが、ひったくられますよ!!
created by Rinker
JACKALL(ジャッカル)
¥4,330 (2019/08/19 14:19:46時点 Amazon調べ-詳細)

デプス ブルシューター160 SLOW SINKING model LENGTH:160mm WEIGHT:3.7oz


私がギル型のビッグベイトを使うときは、ガンタレルを使うことが多いのですが、
ガンタレルで狙うレンジより、少し深いレンジを狙う場合や、
水の濁りがあったり、ウィードの濃いエリアで存在感を出したい時に、
デプス ブルシューター160のSLOW SINKING model を使ってます。

使い方は、ウィードに引っかからない程度まで沈めて、
ラインにテンションがかからないようにしながら、
ゆっくりと巻くだけで大丈夫です。




ビッグベイトに必要なロッドとは⁈

ビッグベイトで使うロッドは、
何より使用したいルアーのウエイトが、キャストできるロッドが必要になります。

ビッグベイトは、ロッドにルアーのウエイトを乗せてキャストするので、
ロッドのパワーと、ルアーとの重量バランスがあってないと、
ルアーも飛ばないし、キャストしずらくなります。

ビッグベイトを、キャストしてただ巻いてくるだけなら、
R (レギュラー)テーパーくらいのロッドが使いやすいです。

ビッグベイトに慣れてくると、
ルアーにアクションをつけたりするようになるのですが、
アクションをつけるには、
少し短めのRF(レギュラーファースト)テーパーのロッドが使いやすいです。

いくつかビッグベイトに使えるロッドを紹介しますので、
自分に必要なロッドを、選ぶのに参考になさってください。

シマノ ゾディアス 175XH

シマノ ゾディアス 175XHのスペック
全長2.26m 自重145g 適合ルアーウエイト14~56g 適合ライン14~30lb
グリップ長280mm テーパーRF カーボン含有率99.1%
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥13,890 (2019/08/19 14:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ ゾディアス 178XH

シマノ ゾディアス 178XHのスペック
全長2.34m 自重155g 適合ルアーウエイト14~56g 適合ライン14~30lb
グリップ長285mm テーパーR カーボン含有率98.1%
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥12,823 (2019/08/19 14:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ エクスプライド 176H-SB

シマノ エクスプライド 176H-SBのスペック
全長2.29m 自重130g 適合ルアーウエイト14~56g 適合ライン12~25lb
グリップ長278mm テーパーRF カーボン含有率99.9%
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥21,251 (2019/08/19 14:19:48時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ エクスプライド 1710H+-SB

シマノ エクスプライド 1710H+-SBのスペック
全長2.39m 自重150g 適合ルアーウエイト14~84g 適合ライン12~25lb
グリップ長318mm テーパーRF カーボン含有率98.3%
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥21,935 (2019/08/18 17:02:10時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ エクスプライド 190XXH-2

シマノ エクスプライド 190XXH-2のスペック
全長2.74m 自重175g 適合ルアーウエイトMAX200g 適合ライン14~30lb
グリップ長435mm テーパーR カーボン含有率99.3%
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥22,464 (2019/08/19 14:38:03時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワ エアエッジ 731XHB・E

ダイワ エアエッジ 731XHB・E のスペック
全長2.21m 自重152g 適合ルアーウエイト14~142g 1/2~5oz
適合ライン14~30lb / PE#3~5 カーボン含有率98%

ダイワ エアエッジ 7111HB-SB・E

7111HB-SB・Eのスペック
全長2.41m 自重200g 適合ルアーウエイト11~131g 3/8~4oz
適合ライン14~30lb / PE#3~5 カーボン含有率97%

ダイワ ブラックレーベル SG 701XHSB-SB (2019年4月発売予定)

ダイワ ブラックレーベル SG 701XHSB-SBのスペック
全長2.13m 自重138g 適合ルアーウエイト14~156g 1/2~5・1/2oz
適合ライン16~35lb PE MAX #6 カーボン含有率99%

ダイワ ブラックレーベル LG 6111H+FB-SB(2019年4月発売予定)

ダイワ ブラックレーベル LG 6111H+FB-SBのスペック
全長2.11m 自重130g 適合ルアーウエイト11~142g 3/8~5oz
適合ライン14~30lb PE MAX #5

ビッグベイトに必要なリールとは⁈


重量があるビッグベイトに使うリールは、
ボディとギアが頑丈なリールが必要になります。


ギア比については、ギア比低い方が巻取りは楽なんですが、
ルアーにアクションを付けた後などに、ラインスラッグを取ったりするには、
ある程度ギア比が高い方が使いやすいです。

しかしギア比が高すぎると、巻取りが大変になるので、
あまりにもギア比が高すぎるリールは、おすすめできません。


私の場合は、ビッグベイト以外の釣りでも使うことを考えて、
6.2~6.3前後のギア比のベイトリールでを使用しています。


糸巻量は、ライントラブルも考えて、
使用するラインが、最低でも75m以上は巻けるリールを選びましょう。

シマノのカルカッタコンクエストや、ダイワのリョーガなど、
リールのサイズで糸巻量が変わってくるリールは、
自分がメインで使うラインの太さで、
リールのサイズを選ぶといいと思います。

いくつかビッグベイトに使えるリールを紹介しますので、
自分に必要なリール選ぶ参考になさってください。

シマノ バンタムMGL


created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥26,535 (2019/08/18 17:02:12時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥25,310 (2019/08/19 07:03:07時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ カルカッタコンクエスト





シマノ アンタレスDC MD


created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥61,450 (2019/08/18 19:41:18時点 Amazon調べ-詳細)

シマノ スコーピオン200

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥18,954 (2019/08/18 14:49:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥13,800 (2019/08/19 14:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワ リョーガ

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥46,211 (2019/08/18 19:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥46,333 (2019/08/19 14:19:50時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥40,160 (2019/08/18 19:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥46,621 (2019/08/18 17:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワ スティーズA

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥39,087 (2019/08/19 14:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥42,411 (2019/08/18 17:02:14時点 Amazon調べ-詳細)

ビッグベイトで使うラインとは⁈


ラインの太さは、使用するルアーやロッドのパワーによっても違うのですが、
私の場合は、フロロカーボンライン14℔~20℔を使用してます。

ジャイアントベイトクラスのビッグベイトになると、
25lb~30ibくらいは必要になります。

私のビッグベイトの使い方では、フロロカーボンラインを使用してますが、
水面付近の釣りをする場合や、ルアーを止めて使うときなど、
ラインを沈めたくない時は、ナイロンラインを使用した方が、
使いやすい場合もあります。

ビックベイトは高価ですし、ルアーをロストすると痛いので、
バス釣り初心者さんは、少し太めのラインから使ってみるといいと思います。
created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥1,512 (2019/08/19 07:03:08時点 Amazon調べ-詳細)




ビッグベイト初心者におすすめのビッグベイトのまとめ


1.ビックベイトを初めて使う人は、
フローティングタイプでタダ巻きで使えるビッグベイトを選ぶ。

2.ビッグベイトで必要なロッドは、使いたいルアーのウエイトが使用できるロッドで、
ルアーのウエイトとロッドパワーのバランスが取れたロッドを選ぶ。

3.ビッグベイトで必要なリールは、ボディとギアが頑丈なリールが必要で、
使用するラインが最低でも75mは巻くことが出来るリールを選ぶ。

4.ビッグベイトで使用するラインは、フロロカーボンライン14℔~20℔
ジャイアントベイトクラスは25℔~30℔が必要です。
水面付近での釣りや、ルアーを止めて使う場合など、
ナイロンラインの方が使いやすい場合もあります。


こんな感じが私のおすすめになります。

まずはビッグベイトの中でも、
簡単に使えるビッグベイトから始めましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ